parts produced till
now
FR | DE | EN | JP

ローレット加工

ローレット加工は、ギザギザのついたローレット用ローラーを用いて素材を変形させる加工で、滑り止めのために円筒形の側面にを作るなどの目的で用いられます。この加工には油圧による数トンという圧が必要です。

その後ローレット加工済み部品は、成形加工(プラスチックなど)や末端部分、ギア、磁石やその他のコンポーネントのカウンターシンキングにおいてすべり止めとなるなどの効果を発揮します。

使うローレット用ローラーの形によって、ローレット加工部品に作られる溝は、直線、らせん形、綾目などになります。

ポリゴン加工の場合、ローレット加工は旋削加工と同時に直接旋盤上で行われます。

ローレット加工部品の例についてはギャラリーをご覧ください

Think small

拡大するにはコンポーネント(実寸大)の上でクリックしてください...
製品例
ギャラリーをご覧ください
>>

by moxi